鉄欠乏性貧血になる原因とは?

鉄欠乏性貧血の原因に苦しめられる女性のイラスト

 

貧血にも色々な種類があります。その中でも貧血になる人の70%もの人が、「鉄欠乏性貧血」と言った貧血になります。鉄欠乏性貧血は、体内の鉄分が不足しているのが原因で起こる貧血です。

 

多くの貧血の人が、鉄欠乏性貧血であると言った特徴がありますが、原因がはっきりしているので、鉄分の多いモノを沢山食べると言ったように対策も取りやすいのが特徴です。

 

ここでは、鉄欠乏性貧血の改善や予防を目指す為に、鉄欠乏性貧血になる原因とは、どのような事なのか?と言った点を紹介します。原因を理解すると、改善方法も見つけやすくなると思いますので、参考にしてもらえればと思います。

 

 

鉄欠乏性貧血の主だった原因とは?

鉄欠乏性貧血になる原因は、主だったものとしては、

  • 鉄分を含んだ食事量が少ない
  • 食事で摂った鉄分がうまく吸収できていない
  • 出血が原因

と言ったようなことが原因になるケースがあります。

 

 

鉄分を含んだ食事量が少ない

鉄欠乏性貧血を予防する場合や改善したいと思った場合には、まず取り組む必要があるのが、食事で鉄分が多い食品を多く食べることです。鉄分の多い食品を食べる場合には、実態に食べモノで摂取した鉄分が体内で吸収されるのは、10分の1です。

 

この為、1日に必要な鉄分量を摂取する為には、吸収率を考えると多くの鉄分を含んだ食材を食事で食べる必要があります。

 

具体的には、男性の場合には、1日に必要な鉄分の量は1mgです。この為、食べ物で摂る必要がある分量は、10mgが必要になります。さらに、生理のある女性の場合には、12mgが必要です。妊婦さんになると18mgが必要になります。

 

 

食事で摂った鉄分がうまく吸収できていない

食事で鉄分をシッカリと摂取していても、体内でうまく鉄分が吸収されない場合には、鉄分不足になります。健康な人の場合には、食事で食べた鉄分の10分の1しか吸収できません。

 

ここで、さらに、消化器系に病気などの問題を抱えている人の場合には、鉄分の吸収がうまく行えずに、さらに、吸収率が悪くなります。この他にも、病気や怪我で、胃を切除した場合には、鉄分の吸収率が悪くなります。

 

 

出血が原因

病気や怪我などが原因で、継続して出血をしている場合には、出血げ原因で体内の鉄分が不足して、鉄欠乏性貧血になる可能性があります。

 

具体的には、十二指腸潰瘍や胃潰瘍、子宮筋腫と言ったような病気になっていると、知らず知らずに出血をして鉄分を減らしている場合があります。また、女性の場合には、毎月の生理で、出血するので男性よりも鉄分が失うケースが多いです。

 

出血をしている場合には、鉄分不足になるので、鉄欠乏性貧血になる可能性があるので注意が必要です。出血の心当たりがないのに病院で検査して調べてもらう必要があります。

 

 

鉄欠乏性貧血の人がまず試す事とは?

鉄欠乏性貧血になったら、まずは、普段の生活で鉄分を含む食品を食事で食べるように心掛けるのが基本となります。それでも鉄欠乏性貧血が改善されない場合には、「鉄分が吸収できない」や「出血」が原因の可能性があるので病院で検査しましょう。

 

 

>>> 鉄分を多く含んでいる食べ物の詳細はコチラ